2016年07月30日

安全運転 カーグッズ フェンダーポール

近年の車のボディースタイルはすっかり変貌し、ひと昔前の箱型から丸型になってしまった。 



ボンネットも角型からスラントノーズになり先端部の見切りが不可能なものとなり安全面でマイナスとなった。住宅地内の交差する狭い道でのぎりぎりの右左折時は大変神経をすり減らすことになる。特に右折時は目いっぱい左に振るときボンネット左先端は感ですり抜けるしかないのだ。 (ボンネットが見えている左端と障害物の距離がどのくらい空いているかをあらかじめ確認しておいて頭に叩き込んでおくのも一つの手だが果たしてどれほど正確に記憶&実行できるかが問題となる。)



そこで必要になるのが便利なコーナーポールというやつだ。 「へたくその証明」 と嫌がる運転プライドの高い人はさておき、ここにご紹介するアイテムは小生が実際に購入したものだ。



バンパーへの取り付けは付属されている両面テープ(3M製なのでかなり強力に接着できる)の剥離紙をはがしてということになるが接着前にバンパーの表面の油分を十分に除去することが必須だ。 油分がついていると十分な接着力が得られず取り付けベースが早晩振動でずれたり脱落したりすることになる。 一度張りつけたものを位置や角度調整のためはがして付け直すことは接着力が激減するので厳禁だ。 取りつける前に慎重に位置、角度を決めることが重要となる。



したがって作業のための助手を必要とする。 実際に運転する人が運転席からポール先端の確認をすることになる。 コーナーポールはねじ式のため洗車時などのときは取り外しができるので安心だ。 シートポジションもドライバーのものに合わせておいて。



尚エーテルその他の脱脂アイテムはカー用品店ないしは通販で購入することになる。




星光産業 フェンダーポール3 シルバー EW-17

新品価格
¥980から
(2016/7/30 14:26時点)






このアイテムの詳細は上記文中のバナー広告またはここをクリック!
posted by kamesan at 15:54| 神奈川 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: