2016年01月17日

日本の独裁政治家 

早いもので七草粥も終わりもうすっかり正月気分はどこかへ去ってしまいました。 臨時国会も安倍の外国逃避行でようやく始まったが、でたらめ答弁に本当に辟易する国会審議がまた始まった。 安倍は 「国民の議論を経て」 と口癖のように言っているが 「国民の議論」 にはなっていない。 口だけのごまかしは止めてもらいたい。



安倍は(菅もそうだが)野党議員から何を追及されても 「それは当たらない」 と突っぱねてしまう。 そんなやり方でいいのかということだ。 今の安倍のやり方だと採決をしても何でも通ってしまうのだ。 したがって 「議論」 をしたところで何の意味も持たないのだ。



そんな中、台湾の選挙ではは野党が勝利した。 安倍は祝福のメッセージを電話で伝えたのか。 今のところメディアの反応はなさそうだ。 いかにも露骨な安倍の態度だ。 たとえ野党が勝利をしたとしてもそれはそれなりのメッセージの仕方があるはずだ。 なんと心の狭い心臓の持ち主の晋三だ。



posted by kamesan at 15:38| 神奈川 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

消費税選挙

首相は明らかにミスをしてしまった。 自民党と消費税を気にしすぎた結果の墓穴だ。 

消費税のことは自民党に思い切り言わせて置いた方が選挙には有利だったのに、本当に駆け引きのへたな首相だ。 エンジニアだから真正直にものごとを処理しなければならないと思ったのか。 自民党に押されてしまっては自己を見失ってしまう。 充分な検討も頭の整理もしないで思い付きで約束をしてしまっては折角のV字回復も急降下してしまう。 そして必死になって弁解がましい演説をしてももう遅くなるのだ。

しかし、民主党政権は今後も死守していかなければならない。 有権者はねじれ国会を産み出さないように民主党に投票する義務がある。

 
posted by kamesan at 14:43| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする